=TOP= of mimi-tab.net

岡沢章/中澤信栄/渡嘉敷祐一/笹路正徳/土方隆行


笹路正徳Music Review「Searchin' for the missing soul」モータウン・サウンド編、今回は前回より更に熱い演奏をお届け出来ました。これもご来場いただいた皆さまはもとより、日頃からお世話になっているすべての皆様のお陰です。心より感謝致します。ありがとうございました。さらに初めてお世話になった「晴れたら空に豆まいて」は雰囲気もスタッフも最高なとても素敵なLiveHouseでした。お世話になりました。

さて、次回はアンコールで演奏したようにフィリーソウルにイッちゃいます。好きな人多いですよねー、フィラデルフィア。さて、どんな選曲になるやら。また次回から新たにメンバーが加わりパワーアップしてお届けします。さて誰でしょう~。お楽しみに。日時は決まり次第当サイトやmimi-tab.社長のblog、Facebook等でお知らせします。今は9月開催を目指しています。乞うご期待!

また、今回の写真や音源も徐々にアップしていきますのでそちらもお楽しみに。

今後共笹路正徳MusicReview「Searchin' for the missing soul」に熱いご支持をお願い致します

SasajiBluesAlley.jpg





MusicReviewVol.1SetList_SS.jpg
2012.6.17 MENU

笹路正徳Music Review「Searchin' for the missing soul」とは?

笹路正徳MusicReviewは2012年より1年ごとにテーマを決めた演奏活動を年6回の予定で開催していきます。2012年は「Searchin' for the missing soul」と題してブラック・ミュージックをテーマにお送りします。

1988年にアメリカ人ネルソンジョージ氏が「THE DEATH OF RHYTHM & BLUES(リズム&ブルースの死」を翌年ピーター・バラカン氏が「魂(ソウル)のゆくえ」を出版しました。そこに書かれていた内容を簡単に言ってしまうと1970年代半ばで黒人音楽は無くなったのだという宣言でした(バラカン氏の本はガイドブック的な面が主ではありますが)。ホテルカリフォルニアでは1969年以来”SPIRIT”は無くなったと歌われましたが、それを追うように黒人音楽も消えていったというわけです。では我々が大好きで聴きまくって踊りまくって影響されまくって、キース(リチャーズ)じゃないけど”黒人になりてえ”(ってまあ、当時の著名金持ち白人がこういうセリフを吐くって、微妙なことですね)って思わせてくれたブラック・ミュージック、ソウル・ミュージックはどこに行ったのか(新大久保じゃないでしょう)、という話になった時、ここにある、日本にある、実は俺(笹路正徳)の中にある、という話になったのがこのLIVEのきっかけです。

言ってみればなんとなく飲み屋の戯言のようではありますけれど、俺の中にあるというのならせっかくだから出しちゃ出しちゃえってことで出し惜しみなく放出することに致しました。今回、「Searchin' for the missing soul」のために結成したバンド(名前を考え中)のメンバーは渡嘉敷祐一、岡沢章、土方隆行と強者たち。普段から笹路正徳を様々な場面でサポートしてくれる頼れるメンバー達です。

そしてこのLIVEには毎回ゲストをお呼びします。今回は中澤信栄さん。昨年夏の笹路が音楽監督を務めたイベントで初共演。まさにガッツな肉体から繰り出されるソウルフルなボーカルはあなたの魂を揺さぶるでしょう。毎回テーマを決めて行う「Searchin' for the missing soul」、今回は前回のアンコールで予告したように「モータウン」。やりつくされた感のあるモータウン・サウンドを笹路がどう料理するのか、興味はつきません。

うっとおしい6月をよりムンムン熱くとろとろにしちゃいますよ。一緒に楽しい夜をすごしましょう。待ってます。


晴れたら空に豆まいて

【 Web 】
晴れたら空に豆まいて
【 Address 】
〒150-0034 東京都渋谷区代官山町20−20
モンシェリー代官山B2 
【 Phone 】【チケット予約】
03-5456-8880
【料金】前売券\4,000- 当日券\4,500-

       +1Drink \500UP (各税込)

チケットはメールでも予約できます。是非上記WEBを御覧ください。


UA-27349978-1